シオがまったり語る

ヲタクバンドマン シオがお送りする。音楽活動や仕事に関するエッセイを書き綴るブログです。

狩野英孝さんのDbD実況から考える次世代ゲーム実況者の生き残り方を考えてみた

どーも!シオです!

 

先に言おう僕はゲーム実況をメインでやっているわけでも、ゲーム実況で結果を出したわけでもない。

僕のメイン活動は音楽だ。

しかしアイデアとして一度考えたのでせっかくだからブログにすることにした。

 

先日狩野英孝さんがDEAD byDAYLIGHTというゲームの実況配信を行い現在話題になっている

「勝手に斧振らないで」という言葉は流行語になるんじゃないか?って勢いで拡散されDbDの影響で狩野さんのYoutubeチャンネルの登録者も増えている。

※ちなみに僕は結構Youtubeのニュースは確認しているつもりだったが、狩野英孝さんがYoutubeやっていることは知らなかった。

まだ観ていいない方は一度観てもらいたい。

このゲームを知らない人が観ても笑ってしまう素晴らしい動画だ。

www.youtube.com

 

この実況の何よりもすごいなと思うポイントはゲームを分からない人が観ても面白いということだ。

正直この面白さはTVで活躍された芸人さんだからこそ作り上げることができたクオリティだと思う。

しかし、ゲーム実況で一旗上げたいアマチュア実況者の方はたくさんいるんじゃないか?

僕も音楽で一旗あげたいと考えているから勝手にシンパシーを感じている。

余計なお世話かもしれないがアマチュア実況者が芸人さんのやるゲーム実況に負けないための3つの方法を考えてみた。

ゲーム実況に悩んでいる方に読んでもらって何か感想をもらえると嬉しい。

 

方法1:企画力で真っ向勝負!

一つ目は企画力だ。

ゲーム実況は編集技術さえあれば基本的にどんな企画でもそんなにお金がかからない。

動画編集力をつけた後に思いついた企画をどんどん形にしていくと良い。

ただ、編集はしっかりと凝ることが大切。

企画もので伸びる方は編集技術ありきなので、正直頻度よりも編集を優先にした方が伸びそう(稼げるかは分からない)

有名どころだとレオモンさんの金コイシリーズが分かりやすいと思う。

コイキングだけでポケモンクリアするとか正気の沙汰じゃない......

イデアに自信のある方は企画力で勝負してみると良いかもしれない。

ただ、今後も芸人さんや有名人の方がどんどん参入してくることを考えると企画力だけで人の目につくのはかなりの運も必要だと思う。

 

方法2:情報力で勝負をする!

ゲームを結構やりこむ方ならみんな間違いなくやっていると思うが、公式のアップデート情報、有名プレイヤーのブログ、大会の試合解説等ゲームをやり込んでいく中で情報収集は欠かせないスキルだ。

しかしどのゲームにも必ずライト層が多くいる。

彼らをターゲットにして情報を誰よりも早く集め、まとめて発信する実況プレイは間違いなく伸びる。

皆さんが思い描いている華やかなゲーム実況ではないかもしれないが、この方法が今のゲーム実況界で名を上げる一番確実な方法だと思う。

当然情報収集力と根気が必要なのでかなり大変だと思う。

〇〇さんの動画を見ればあのゲームの情報はバッチリだね! とリスナーさんに思われればもうあなたの勝利です。

ある程度伸びてきたら普通の実況動画も間にバチバチはさんでいくといいかもしれない。

ちなみにこの方法は見やすい編集力と情報収集力があれば上手くいくと思われるゲームのプレイスキルは必要ない気がする。

 

方法3:大会やオンラインランキングで結果を出し自分のブランディングをする。

最後の方法は有名人がやれば伸びるんだから自分も界隈で有名になっちゃおうという作戦だ。

やりたいゲームを一つ決めてそのゲームのプレイングスキルをどんどん磨いて大会やオンラインランキングで結果を出すのだ。

Twitter等で自分を認知してくれる人を増やしてから実況に乗り込むという作戦だ。

これはゲームのプレイングスキルがかなり求められる。

この路線で行きたい人は日々精進あるのみな気がする

 

ちなみにある程度のトーク力はどの方法でも求められる。

 

なかなか厳しい界隈になってきているが新しいゲーム実況者さんがどんどん出てくることを楽しみにしているし、僕は個人的にゲーム実況者の友達が欲しい笑

 

ざっくりとだが、方法をまとめてみた。

 

以上、狩野英孝さんのDbD実況から考える次世代ゲーム実況者の生き残り方を考えてみた。

Twitter 

 ・バンドのMV 観てください!!