シオがまったり語る

ヲタクバンドマン シオがお送りする。音楽活動や仕事に関するエッセイを書き綴るブログです。

僕の生き様 〜未来の自分へバトンタッチすることにした〜

お久しぶりです!

シオです!

 

色々ごちゃごちゃしていたことが整理出来たので久々にブログを更新することにした。

 

最初に恥ずかしいお話をしようとおもう。

以前ブログで会社を辞めた話をさせてもらった。

まあ、その時精神的に病んでしまって会社を辞めるに至った。

会社のことは色々な人の力を借りてで4ヶ月くらいでなんとか立て直すことが出来た。

僕自身の日々の勉強や行動力が立て直す際に大いに役立ったことは間違いないが人の支えがなければ間違いなく4ヶ月よりもっとかかっていた。

 

しかし、僕の人生において会社は実はそんな大きなものではない。

もっと大きな問題を抱えていたのだ。

そう、バンドと音楽である。

僕が病んでしまい立ち止まっている間にコロナも来て、いざ考えると決めた時には僕の知ってる音楽シーンやネットシーンはそこにはなかった。

芸能人やお笑い芸人が当然のようにYouTubeをやっていて、Tiktokにも芸能人がいて、知っているバンドは解散したり活動休止になったりして、気付くとロックバンドなんてものはそもそも流行りのシーンから消え去ってしまっていたりした。

最初に思ったのは後悔だ。

なんで病んでしまったんだろう

 

自分の弱さが嫌いになって心に闇が滲み始めた。

 

しかし、一度した失敗を繰り返す僕ではない。

すぐに顔を叩いて考える

 

さぁ、どうしようか?

 

僕はやはりデュフフ★こんぱにおんを売りたかった。有名にしたいと思った。

どうやったら売れるかな?どうやったら結果が出せるかな?

辛くなるくらい何も浮かんでこなかった。

けど、なんとか絞り出したアイデアをとにかくやってみた。

 

しかし、思うような結果や反応はないし、何よりその行動が辛かった。

 

ここで、僕は大事なことに気付いた。

このままやり続けると嫌になって音楽を辞めることになってしまうことになることと、そして人の顔色ばかり伺って音楽をやることは今の時点で僕の音楽を好きだと言ってくれている人に対してものすごく失礼なことをしていると。

 

改めて僕が叶えたい夢と願いを振り返ることにした。

毎日ノートに感情と想いを書き続けて最終的に出てきた僕の願いは

・1人でも多くの人が笑顔になれるようなことをしたい

 

もうこれしかなかった。

綺麗事に聴こえるかもしれない。

けど、本心からそう思っています。

お金は自分が生活出来て、音楽が出来る収入さえ有れば良い。

それ以上のお金はAmazonプライムSpotifyとユーネクストの月額費だけで事足りる。

全部合わせても四千円くらいだ。

 

しかし、1人でも多くの人を笑顔にするには結局1人でも多くの人に僕の音楽や歌を届けなければならない....!

ということはいずれにせよ有名になる、ファンを増やす必要性っていうのは変わらないわけだ....!!

 

また、思考が振り出しに戻ってしまう。

 

そこで僕は未来の自分を信じることを決めた。

いや、今の自分と未来の自分を信じることを決めた。

 

知ってもらうためには結局聴いてもらう作品がないといけない。

今の僕には世の人が聴けるところに置いてある作品数が圧倒的に足りないという結論が出た。

最低ラインでオリジナル曲だけで言うなら100曲は必要だと感じた。

僕のようにコネなし、実績なし、カネもそんなになしのバックボーンがない人間には冷静かつ現実的な数字だと思っている。

 

そこで今作品数も足りないし、売り方、見せ方もまだまだ蒼い僕が今結果を出せないと言うのが現実なのだ。

裏を返せば、作品数が揃って、売り方と見せ方を更に更に知った僕なら結果を出せると言うことだ。

とんでもない発見だ。

ノーベル賞レベルかもしれない笑

 

まあ、ジョークはさておいても手段が決まった。

あとはやるだけだ。

考えを整理して、覚悟が出来たのでブログに残そうと思う。

2020年の僕は3年後の2023年の僕にバトンタッチを決めるべく日々の努力、作品作りを怠らないで続ける。

そうしたら3年後の僕は間違いなく次の行動に移れる。

僕が今やることは下地作りだ。

日々の努力はもちろんのこと、届く範囲でしっかりと発信をすること、チャンスだと思ったらそこに取り組むこと。

 

焦らない長期戦を想定して続けていくことを決めた。

 

これはデュフフ★こんぱにおんのシオとしてと言うよりもシオという1人の人間の思いだ。

ミュージシャンとかヲタクとか会社員とかステータスや肩書きなんていらない。

シオという人間の思いだ。

今は理解してくれる人が本当に少ない。

別に僕を理解して欲しいとかではなく僕の話の意味がそもそも理解出来ないという意味での理解だ。

 

時間はかかるけど、まだ人生は長い。

今応援してくれている人。

つまりここまでブログを読んでくれた人はどうか信じて欲しい。

理由なんてない。

信用ってそういうものだと思う。

夜中2時に香港を発って早朝のライブ会場に行く僕を、何度も中国からレコーディングスタジオに行った僕を

日付変わるまで残業してもギターを離さなかった僕を

メンバーが居なくなっても歌い続けた僕を

 

一緒に未来まで笑い続けましょう

 

よろしく。

 

Twitter 

 ・バンドのMV 観てください!!

www.youtube.com

 

 

 

ブラック目の職場に入ってよかったこと

どーも!シオです!

 

今日の内容はタイトルの通りなのですが、誤解を生みたくないポイントとしては決してブラック企業を増長したいわけではないこと。

そしてブラック企業で働くことを推奨するような根性論の話でもない。

今現在ブラック企業で働いていてそこから抜け出そうとしてる方に何か勇気が届ければ良いなと思い書く。

 

というわけで早速本題に入ろう。

1.かなり悪い状態が自分の基準になる。

組織に属する以上不満というものは多かれ少なかれ出てくる。

僕は転職したのだが、ちょこちょこ会社に対する不満を同僚から聴いたりする。僕も決してゼロではないが、前と比べると....と思うとほとんどのことが気にならなくなる。

むしろ感謝しか無いレベルだ。

「子供が美味しい食べ物の味をしることは不幸だ」と言われるだけあって最初からいい環境にいてしまうとそれが普通になってちょっと環境が変わった時に変化を感じてしまうかもしれないが、僕は最初に食べたものがある種とんでもない味だったのでそれ以降に食べるものは恐らくほとんどいい味に感じるだろう。

まあ、上には上があるように、下には下があるから一概には言えないが笑

 

2.大きな反面教師を持つことができる。

ブラックな状態というのは何かシステムないしはトップに問題がないと生まれないのだ。

よく業界上どうしようもないという言葉は耳に挟むがそれは業界のシステムに問題があるのであって、決して内容の問題ではない。

ここまで情報化社会になっていてブラックにならざる得ないってとてもおかしい話なのだ。

だからこそこのシステムだと無理があるなぁと自分の中でダメな例を持つことが出来る。

それは本当に大きな話で、いい例って考え方は真似出来てもそのまま真似したところで同じ結果は出ないんだけど、失敗の例って本当に同じことしたら失敗するから情報としての価値が強い。

 

上記2つが僕が思うブラックのメリットだが一言伝えたいことがある。

自分の精神や肉体をボロボロにしてまで手に入れる価値のあることではないことだ。

だからこそブラック企業に自ら飛び込む必要はないし避けるべきだ。

今自分はブラックなところにいるなと思っている人はメリットの2の情報だけは必ず入手して抜け出そう。

精神や肉体の代価としてそのくらいはもらったってバチは当たらない。

 

以上、ブラック目の職場に入ってよかったこと

 

1人で出来ることってさ上限があるよね

どーも!シオです‼︎

 

今日は1人で出来ることについて書いていこうと思う。

 

受験の際に先生に言われる言葉の一つに「人間だれしも一日24時間で平等」って言われなかっただろうか?

平等かどうかは賛否両論なので今回は触れないが、誰しも一日24時間というのは間違いなく真実だ。

そのうち睡眠時間が5-8時間。

そう思うと起きている時間っていうのはかなり限られてしまう。

そんな中で1人でなんでもやろうとするとどうだろうか?

やれることって結構限られてしまうのだ。

人が1人でやろうとするとスピード感は出るかもしれないが、作れるもののスケールは小さくなってしまうよね。

 

今回ぼくが最も言いたいことは「あなたが実現したいこと、実現したい世界は1人で到達出来そうですか?」。

胸に手を当てて考えてみて欲しい。

本当に出来るか?時間は足りるのか?

 

現時点で僕はバンドのYouTubeの動画のMIXや編集まで全部1人で行っているが、時間がギリギリだ。

現在のバンドの伸び具合や資本力の問題で僕が1人でやっているが、欲を言えば編集の担当の人とミックスの担当の人に入ってもらってその人たちにマルッとお願いした方が良いのだ。

専門でやっている人の方がミックスや編集の技術の上達も早いし、何より僕が曲を作ったりライブの企画をすることに当てられる時間が増やせる。

より頻度を上げて活動を出来るので、良いことづくめだと思っている。

 

今はわかりやすくするために身近で小さい一例で説明したが、今回伝えたいのはもっと大きなスケールでの話だ。

あなたの夢はあなただけで叶えられる?

叶えれるならそれでいいけど、一度真剣に考えた方が良いテーマだ。

もし1人では達成出来ないと気づいたなら行動や他人との関わり方がガラッと変わってくるよね。

 

面白いことをするためには一つ一つ整理していかないとだ。

 

以上、1人で出来ることってさ上限があるよね

 

人間の表情ってすごいよね

どーも!シオです!

 

最近非常事態宣言が明けて人の顔を見る機会が増えた。

誤解しないで欲しいが大人数の呑み会とかはやっていないし、そもそもコロナ前から大人数の会にはあまり行かないタイプだ。

音楽方向でもメンバーに会ったり、お世話になっている楽器屋さんの店員さんやライブハウスのブッカーさんにお会いしたり人と会うようになったし、仕事方面でも同僚やお客さんと顔を合わせるようになった。

オンラインで顔を見ないコミュニケーションが多かったので改めて気づいたことがある。

人の表情ってやっぱりすごい。

 

例えばニコニコしている人と一緒にコミュニケーションを取っていると不思議とこちらも感じの良い気持ちになる。

逆に電車とかで不機嫌な顔をしたおっさんにぶつかられてしまったりするとちょっと嫌な気持ちになりそうになる。

何が言いたいのかと言うと、人の表情って相手への感情をブーストするツールだよ。ということだ。

 

ビジネス研修なんかでよく出てくる言葉だが、「人は鏡」と言われている。

どう言う意味かザックリと説明すると相手の表情は自分と同じなんだよって言う意味だ。

人に優しくされないと感じたらそもそも自分自身が優しさを持って接することが出来ていないのかもしれない。とまず自分の行動を省みることが大切だ。

人のせいにばかりしているといつまでもそこから動くことが出来ない。

自分から人に優しくしよう、笑顔でコミュニケーションを取ろう!と小さな意識を続けていると周りにも変化が生まれる。

まずは自分から変わろう。

 

「相手に理解してもらいたければ、先に相手を理解することだ。」表情は関係なさそうな言葉だがちょっと意味を広げると似たような意味だ。

まずは相手に一歩寄り添ってみると変化が生まれるのだ。

 

以上、人間の表情ってすごいよね

 

 

 

 

 

 

お前がママになるんだよ 歌詞

お前がママになるんだよ

お前がママになるんだよ

お前がママになるんだよ

 


可憐に咲く花のようなあなたに僕は恋をしました

世界をダイアモンドに変える澄んだ瞳に僕を映してよ

あそこの十字路越えたら君は1人

少し君と話がしたいの

可愛い声と柔らかい肌にもう夢中

野良猫を撫でた優しさで僕のことも撫でてほしい

つまり

お前がママになるんだよ

お前がママになるんだよ

お前がママになるんだよ

 


君の涙が溢れる

幸せにすると誓おう

喜びの雨のファンファーレ

繋いだ手のぬくもり

将来の夢はケーキ屋さん

絶対叶えようね

毎日ケーキを食べるよ

つまり

お前がママになるんだよ

お前がママになるんだよ

お前がママになるんだよ

最近男性が子育てをしやすい世の中だから

君がケーキを作るから僕は子育てしよう

イケメンにはなれなかったけどイクメンになったよ

 

Spotify

https://open.spotify.com/track/3mjwM2gKGgcOY24WlfMgTQ?si=TNgtef77QSOzF_Mk6qMRJw

Apple Music 

https://music.apple.com/jp/album/%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%81%8C%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%88/1508411050?i=1508411051

Youtube

https://youtu.be/FQhUkMr97YA

その他各音楽配信サイトにて配信中‼︎

新しいことをする以上の刺激ってないよ

どーも!シオです!

 

僕は普段面白いことを目指してブログを書き続けているけど、その実努力って誰にとっても必要なものだとは思ってない。

日本って色々な保障があるから正直生きていくことってそんなに難しくない。

生活保護を受けたことがないので調べて読み聞きした範囲の話ですけど、多分働かなくても生きることは出来るし。

そんなに楽しくもなくて辛いだけのことがあるならそういう生き方した方が幸せなように感じる。

 

しかし、多くの人は働く。

なんでか?

働くこと自体が幸せかは分からないけど、多くの人にとって幸せを感じる要因の一つとして働くことって大きいんですよね。

人って中々厄介な生き物だ。

 

そんな幸せを感じるために一生懸命働く時に退屈さや倦怠感に負けない刺激の作り方について今日は書きます。

刺激が欲しい人の力になれたら嬉しい。

 

実はタイトルにあることが答えなのだが、新しいことをやりなさい!ってことだ。

昨日からバンドで始めたことを一例に出来たらと思っている。

何を始めたかと言うとバンドメンバー同士でお互いの好きなこと、得意なことを教え合おう!って言うメンバー相手に講演をするような試みをしている。

これをやったら売れるの?

成果が出るの?

正直な意見を言うと分からない。

しかし、面白い活動のヒントになることが間違いないことだけは確実に分かる。

なぜこんなバンド講演会みたいなバンドマンらしくないことを始めたのか?

それには理由がある。

端的に言うと新しい刺激が欲しいのだ。

曲作って、音源作って、動画投稿して と中身は変われどある種ルーティンのような活動がバンドって多い。

そこで改めた自己紹介を兼ねて僕、ちゅーるのバンドメンバーと色々と手伝ってくれているマエガミの3人で交代で自分の好きなこと、得意なことを教え合うって言う企画。

昨日はちゅーるが先生として得意のリズムに関して教えてくれた。

僕みたいなアホはなんとなくで済ましていることを徹底して考え理論化しているプロセスを教えてもらえるのは中々に刺激的だった。

 

今までやったことないこと。

普通はやんないこと。

ちょっとめんどくさくてやらなかったこと。

惰性を感じた時に手を出してみると面白いことが見つかるかも知れない。

 

そろそろ弾き語りを撮って家を出ます。

 

以上、新しいことをする以上の刺激ってないよ

Twitter 

 ・バンドのMV 観てください!!

www.youtube.com

 

 

 

 

 

芸術家やアーティストがこれから考えなきゃ行けないこと

どーも!シオです!

 

今日はアーティストの端くれとして今後考えた方がいいんじゃないか?と思っていることを記事にしていきます。

 

今まさに自分も考えていることで、実際に似た立場や似た目的を掲げている人に読んでもらえれば幸いである。

 

1.短期決戦なんて考えない

これは時代背景が変わってきていることが1番の原因だ。

僕がやっている音楽という分野を一例にお話しをする。

昔はテレビ、ラジオという二大メディアが圧倒的な影響力を持っていたのでそのメディアからヒット曲が生まれてTVやラジオから流れている限り人の耳に流れ続けてしばらくブームが続く上にCDが売れる上に、流れる際の印税が入ったりとお金も大きく入っていた。

しかし、メディアも多様化しCDがミリオンも売れることがなくなった現代において短期集中で1発当てただけでは昔よりお金は入らずその先が詰まってしまう。

誤解しないで頂きたいのは今の時代でも1発当てることはとてもすごいことだと僕は思っているし、すごいパワーを持っている人だなと感動してしまう。

僕はまだできたことがないので、本当にすごいと思う。

 

しかし、それが全てではなく正解ではなくなった。

今我々に必要なのは何年も発信し続ける覚悟だ。

「アーティストとして成功するにはまず100曲発信するところからだ!」という言葉がある。

これは心理を突いていると考えていて、100曲のストックをしっかり持っているということがそれほどチャンスへ繋がる可能性を増やし続けているということになるのだ。

 

30歳までに成功する!そう言う覚悟自体は悪くないのだが、それ以上に永遠と発信し続ける覚悟があることが重要だ。

「そんなの楽勝じゃん!」って思った方は、恐らく毎日何か発信したことがないと思う。

やってみるとこれがどれほどハードルが高いことか分かると思うから、一度チャレンジしてみることをオススメする。

 

2.自分がそれを通して実現したいことを明確にする

あなたが創作活動を行う理由。

細かいところに突っ込むと色々出てくると思うが最終的にたどり着くポイントとしては

「幸せになるため」だと思う。

どうだろうか?

不幸せになるために音楽を作ったり絵を描いたりはしないよな?

誰もが幸せになるために創作活動に取り組んでいるはず。

では、何を基準に自分は幸せを感じるのか?

そこの答えは自分なりに一つ持っておくとかなり強い。

 

自分自身の力で継続して発信し続けるための原動力になるから必ず持っておくこと、2年後3年後変わってもいいから自分の中で一つ大切にしよう。

 

この2つが今後芸術家やアーティストが考えなきゃ行けないことだと思っている。

売れる売れないなんて考えは10年後にはなくなっているかもしれない。

そのくらい時代って今すごい勢いで変わっている。

だから自分がすることを発信し続けること、それが僕らの生存戦略じゃないだろうか?

 

以上、芸術家やアーティストがこれから考えなきゃ行けないこと

Twitter 

 ・バンドのMV 観てください!!

www.youtube.com