シオがまったり語る

ヲタクバンドマン シオがお送りする。音楽活動や仕事に関するエッセイを書き綴るブログです。

なぜ配信をしなかったのだろうか?

どーも、シオだ。

 

4月になったが、エイプリルフールを楽しめる状況ではないくらい世の中が暗い。

僕はこの1ヶ月は勉強や制作に注ぎ込もうと考えている。あまり外に出られないだろうしね。

皆さんはどうお過ごしだろうか。

 

今回のコロナの影響を受けて、バンドやライブハウスがこぞって生配信を行うようになった。

このこと自体はとても素敵なことだと思っている。

だが、僕は一つ後悔をしている。

 

なぜデュフフ★こんぱにおんのライブを今まで生配信しなかったのだろう?

 

僕がやっているバンド「デュフフ★こんぱにおん」は2017年1月からYouTubeニコニコ動画といったインターネットを舞台に活動を始めた。

二回出させてもらったニコニコ超会議では生配信をされながらライブをしたが、それ以外のライブでは生配信を行わなかった。

インターネットスタートのバンドなのになぜライブを生配信するという発想にこの3年間でならなかったのだろうか?

細かく全てを覚えているわけではないが、思いついたことはあったと思う。

しかし、ライブに来た人からチケット代をもらっているという事実があり、それを無料で公開するのってどうなんだろう?と思いとどまってしまっていたのだろう。

 

イデアは生み出すことに価値はない、動いて初めて価値になる。

 

デュフフ★こんぱにおんのライブは今後配信するようにしようと考えている。

ただ、インターネットを経由した時点で会場ほどは空気を味わえないと思うので、いずれ有料になったりした時の価格設定が難しそう...。

ここら辺は既に売れているバンドやアーティストを参考に後追いでいいかな?と考えている。

 

僕が行うライブの中では今生配信について下記のように考えている。

最初はYouTubeで無料配信して、スーパーチャットを使った投げ銭式でやってみる。

4/5にライブがあるのだが、そこで実験がてら生配信を行ってみる。

大きな告知は出来ていないがやります。

 

ネットを活用していると自分らの近場でライブ圏内である外に住んでいる人もたくさんバンドを知ってくれる。

そう言った人が楽しめるコンテンツを着実に増やしていく、それが2020年の課題だ。

 

以上、ネットスタートのバンドなのに、ライブ生配信に遅れを取ってしまったことが悔しい話でした。

 

また、お会いしましょう。

 

Twitter 

 ・バンドのMV 観てください!!

www.youtube.com